CBM95 Cry Baby Mini Wah レビュー

移動に便利な軽いエフェクトボードを組むために小さなワウが必要だったので Dunlop の「CBM95 Cry Baby Mini Wah」を購入しました。

大きさはほぼ BOSS のコンパクトエフェクター1個分で重量もかなり軽いです。

内部にスイッチが有り、GCB95、VINTAGE、LOW の3つのモードが選択できます。
これはピークに影響するものでデフォルトの GCB95 が HIGH、VINTAGE が MID、LOWはそのまま LOW となっています。

LED はなく、エフェクトがかかっているかどうかは視認できません。

9V のアダプター給電または電池で駆動し、バイパス時はトゥルーバイパスとなります。
音痩せが感じられるので前段にバッファーをかませると良さそうです。

サイズが小さい割にはペダル可変域が広く、かかと側までしっかり使うにはかなり足首を曲げなくてはなりません。普通のワウの感覚で踏むと8割位までしか使いきれませんでした。そのあたりを意識して踏まないとかかりが弱く感じられるかもしれません。

このあたりは足の後方を使ってペダルを踏むことでやや軽減されます。足先の大半は飛び出している状態がベストです。なのでワウの奥に他のペダルを極力置かないほうが良さそうです。

サウンドは CryBaby そのもので、基本的には GCB95 モードで良さそうですが、リアピックアップで使う場合やアンプ特性などで高音域が出すぎる場合は VINTAGE に切り替えても良さそうです。

裏面はゴム張りでマジックテープが貼りやすいようにフラットになっています。特に滑る感じは無く見た目よりも安定感があります。横に倒れる不安感などはほとんど感じられませんでした。

サイズやサウンドは良いですがせっかくならペダルの可変域を狭めてあってほしかったです。それと従来通りではありますが LED ランプがついていればもっと良くなると思うのでそのあたりがやや残念です。

Related Articles:

サウンドハウス

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CBM95 Cry Baby Mini Wah レビュー
Pocket
LINEで送る

This entry was posted in エフェクター and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です