Xotic SL Drive レビュー

BB Preamp などのエフェクターでおなじみの Xotic Effects から発売されているオーバードライブ「SL Drive」を購入したので詳しく見ていきます。

名前の「SL」は Super Lead の略で、Plexi の名で知られた傑作アンプ Marshall 1959 Super Lead を意識して作られたアンプライクなオーバードライブです。

ペダルサイズはミニサイズですが電池駆動が可能で、ゲイン、トーンのコントロールと、ボリューム用の小さなノブを備えています。

裏ぶたをドライバーで開けると内部に4つのディップスイッチがあり、組み合わせでハイ/ミッドカット、ミッドブーストなどの詳細な音作りが可能です。デフォルトがミッドとハイがやや高めなのでハイ/ミッドカットが均一に近い状態になります。

ヴィンテージ寄りな歪なのでモダンなハイゲインペダルのようにザクザク刻める感じはありませんが、単独でメインの歪みとして使っても十分に通用するサウンドです。BOSS BD-2 Blues Driver のようにハイに偏ることもなければ、Fulltone OCD のようにローがですぎることもなく、バランスの取れた扱いやすい音色です。

中域よりの芯のある音で、ハムバッカーのリアとの相性がいいです。クランチサウンドでも使えますが比較的に粒が粗いのとローゲインではこもり気味になるのでアンプとそのセッティング次第です。

オーバードライブペダルとしてはノイズ量も少なめで安心して使えます。パワーサプライの品質の影響をうけやすいように感じるのである程度しっかりした電源を用意することをおすすめします。

電池駆動に対応している関係上背が高く、やや不安定です。横幅よりも高さのほうが長く、マジックテープで留めていても踏み方によっては左右にぐらつく可能性があります。左右に他のエフェクターがつながっている状態ならそこまで大きな問題にはなりませんが、一番端に繋いでいる場合や1つだけ繋ぐ場合は注意が必要です。

ミニサイズゆえのちょっとした欠点はあるもののサウンド的には王道なオーバードライブで多くの人に人気があるのも納得です。

Related Articles:

サウンドハウス

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Xotic SL Drive レビュー
Pocket
LINEで送る

This entry was posted in エフェクター and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です